Target Finder

専門知識なしでビッグデータから見込み顧客を発見する分析ツール

お問い合わせ

分析ツール「Target Finder」商品紹介

Target Finder 2つの特徴

簡単操作

  • ・最適なクラスタ数を1回の操作で探索可能
  • ・人のクラスタと商品のクラスタを同時に分類可能

分析時には個人情報不要

必要なデータは3つ

  1. 1.誰が【 顧客IDなど 】
  2. 2.何を【 商品名やサービス名、利用店舗名 】
  3. 3.どのくらい【 購入数量や利用金額、利用頻度など 】

簡単操作 画面イメージ

解析したいデータをご用意いただいたら、後は最短4ステップで分析が開始できます。

簡単操作 画面イメージ

基本機能

  • PLSAによるクラスター分析
  • クラスタフラグを付与したIDリスト出力
  • クラスタ情報を基にした各種集計
    • ・顧客属性とのクロス集計
    • ・購買集計
    • ・購買ランキング
    • ・全体と当該クラスターとの対比表 等

動作環境

サーバ環境 OS Windows Server 2012 64bit
CentOS 6/7 64bit
CPU 64bit対応CPU
メモリ 4GB以上 (付属サンプルデータ使用時)
※より大きなデータで分析する場合には、より多くのメモリが必要となります。実際のご利用には8GB以上を推奨します。
Java Java 8
クライアント 推奨ブラウザ Internet Explorer 10/11, Microsoft Edge, Google Chrome, FireFox, Safari6/7

アウトプット例

アウトプット例1

アウトプット例2

お問い合わせ

株式会社 東急エージェンシー
データドリブンマーケティング局CRMコンサルティング部 担当:久保、藤居

お問い合わせ