Target Finder

専門知識なしでビッグデータから見込み顧客を発見する分析ツール

お問い合わせ

TargetFinder 専門知識なしでビッグデータから見込み顧客を発見する分析ツール

お問い合わせはこちらから

「Target Finder」(ターゲット・ファインダー)では、購買履歴などの行動を把握できるデータをもとに、従来とは異なる分析手法「PLSA」を用いて行動パターン、買物パターン等で「人とモノ」など2軸で同時にクラスタリングし、受け入れやすい商品やサービスを自動検出することにより、各種マーケティング施策の効果を最大化する分析ツールです。同時に当該商品・サービスの見込み顧客も自動検出します。

「Target Finder」でわかること 顧客グループ(クラスタ)ごとに

  • 興味関心がある商品カテゴリーの組み合わせ
  • よく買う商品カテゴリー
  • 現時点では未購入だが、今後買いそうな商品カテゴリー
  • 見込み顧客の自動検出

それにより【見込顧客に向けた販促】【商品開発】【売場レイアウト開発】【テナントリーシング】等の施策へ活用していくことが可能です。

これまでの顧客管理

同じ売場の利用者は一括り

購入金額の多寡、来店頻度などで分類

「Target Finder」による分析

同じ売場/カテゴリーの利用者でも買物の嗜好性は別

別々の嗜好性を持ったお客様が判別でき、それぞれの好みに応じた商品紹介や販促施策の実施が可能に。

  • すぐに施策へ

    分析結果を元にコミュニケーションすべき顧客IDを抽出することができるので、次の施策へすぐに進むことができます。

  • 専門知識不要

    適切な入力データさえ用意できれば、途中の複雑な手順が自動化されていますので、専門の部署が不在の企業でも、簡単な集計項目などの指定だけでクラスタリング~ID抽出まで実行することが可能です。

  • 充実のサポート

    分析ツールの販売だけではなく、みなさまの会社の特性に合わせたカスタマイズやコンサルティングなど、さまざまなサポートを提供いたします。

例えば、こんなお悩みはございませんか?

  • チラシやDMなどの既存の販促メディアの効果が低下してきていると感じているマーケティング担当者、経営者の方々

    チラシやDMなどの既存の
    販促メディアの効果が
    低下してきていると感じている
    マーケティング担当者、経営者の方々

  • 統計の専門家やデータサイエンティストなどのリソース確保が困難な方々

    統計の専門家や
    データサイエンティストなどの
    リソース確保が困難な方々

  • 顧客データの解析に興味があるが、個人情報の扱いに苦慮している方々

    顧客データの解析に興味があるが、
    個人情報の扱いに苦慮している方々

マーケティング施策への応用領域

  • コミュニケーション、プロモーションへの活用  より関心の高い商品やサービスの紹介、イベント案内等 関心度の高い層へ向けた施策投下
  • 商品開発への活用
  • マーチャンダイジング(リーシング)への示唆

「Target Finder」の紹介

お問い合わせ

株式会社 東急エージェンシー
ビジネスソリューション局データインサイト部 担当:久保、藤居

お問い合わせ